生産体制

最新技術の導入により、ローコストな高性能製品を生み出す生産ライン


東京瀘器は、相模、草津、広島、大月、に6つの国内工場を、そして、中国、タイ、メキシコに4つの海外工場を持っております。
国内および、海外の各工場の生産ラインでは、ロボットなどの最新技術を導入した生産設備により、大幅なコスト削減を実現するとともに、多様化による少量多品種の生産にも対応できる体制を整えています。
また、触媒コンバータの担持加工からキャニングまでの一貫生産を行っている相模第1工場では、高セル密度化・薄膜化された高性能触媒機能を損なうことなく、フレキシブルに大量生産できる設備を構築しています。
東京瀘器の全工場が効率化と品質管理を徹底することで、ニーズに沿った高機能製品の生産を可能にしています。

PAGE TOP